Working_tour#10

ILCE-7RⅡ+Sonnar FE 1.8/55 ZA
2016,Tokyo,Shinjuku

[新宿村 STUDIO にて]
一旦、眠りに落ちたが目が醒めてしまった。今日は1/1 リハでした。この規模で実寸リハが1日しかとれないのはダンサーチームには申し訳ないと思っている。せめて後1日欲しかった。俺の読み違いだった。
そんな中、Choreographerのひとみさん、、。『哲さん、ダンサーのみんなの写真撮ってあげてください!!』
なんか、、俺の下心見透かされていました。そりゃあ、そうだよな、、カメラ持ってスタジオくれば、、、。なんか嬉しいやら恥ずかしいやらでしたが、優しい言葉に甘えて撮らせて頂きました。今日の一発目は俊介君です。俊介君との出会いは数年前のステラボールで行われたジャムレックというイベントでした。俊介くんがオーガナイザーであり、演出もかねているそのイベントは沢山のパフォーマーの皆様が出演する野心的なイベントでした。その立ち上げから色々な話しをする中で感じた、俊介君の印象は、、なんていうんでしょうか、、。控えめな人柄でした。ちょっと失礼ですが、僕から見れば少し頼りなさげなその感じ、、。現場に入るまで、、正直、色々な事が心配でした。でもなんとか、、無事?に終わったそのイベントで、俊介くんは最後にその正体をあらわしたのです。オーガナイザーであり演出も努めていた彼が最後のスロットのステージに立ってほんの少しですが、踊ったのです。それは頼りなさげだった俊介くんではなく、ちょっと、いや、、すごいイカシタ、ダンサーの俊介くんだったのです。僕はその時の印象がとても強く残っていて今回、お願いした次第です。しゅんちゃん、最後の追い込み 期待してますよ!

Posted by Tetsu Nakamura at 2016.02.04 Thu